脱毛のメカニズム

ムダ毛の脱毛を自己処理する場合、多くの女性はカミソリや毛抜きを使用して脱毛を行います。
しかし、何回処理しても翌日の朝にはう黒いぶつぶつになり、その日の夕方にはもう生えてきてしまいます。
完全にムダ毛の処理したと思っても、また毛は生えてきてしまうのは、毛のメカニズムが関係しています。、
毛は生えては抜けて、しばらく休んでまた生えるのをを周期的に繰り返しています。
これを毛周期と言います。
成長期になると毛細血管から毛乳頭に栄養が送られ毛母細胞にまで届けられます。
細胞分裂が盛んになり毛球が生成され、毛母細胞は絶えず分裂を繰り返します。
これが毛になって皮膚の外まで伸びてくるのです。
レーザー脱毛のメカニズムは、このような毛のメカニズムを利用して綺麗な肌を作っていきます。
まず、毛を剃った状態で、特殊な光を照射します。
黒い色に反応する光であるため、熱は毛に吸収され、周囲に広がります。
この熱が毛や毛根、毛母細胞までもを破壊して、毛が抜け落ちることで、新しい毛が生えてこなくなるのです。

ミュゼは学割が使えるか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です